HOME > ブログ > ローズウインドウ講座

ローズウインドウ講座の記事一覧

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ57

191126-01.JPG

クリスマスの準備もたけなわというのに、今月も遅くなってしまって申し訳ありません。つうしん第152号(2019.11)に掲載のローズウインドウ『待ってるよ』作品例です。
今月は小枠を使った作品でしたので、ローズウインドウペーパー・小を使って作ってみました。色も「レモン」の指示のあったところを「オレンジ」で、「レッド」は少し色の濃い「赤」を使いましたので、ミカンちゃんのイメージとは少し違った作品になったかもしれません。皆さんもお手持ちのペーパーの中から「クリスマス」のイメージに近いもので作ってみて下さいね!
初めて作る方は、ミカンちゃんのブログサイトをご参照ください。
・紙をおるところまではこちらから。
・パターンをうつして仕上げるところまではこちらから。

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ56

191014-03n.JPG

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ56(つうしん第151号 2019.10)掲載のローズウインドウ作品例です。
ここ数年、日本でも定着してきた季節のイベント「ハロウィン」にちなんだ図柄。
3連休前にはお伝えしたい!と思っておりましたが、間に合わずに申し訳ありません。

今月は図案から注意が必要です。作成される方は「つづき」をご覧ください。

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ55

191014-01n.JPG

191014-02n.JPG

大変遅くなりました。先月号のつうしんきんだーりーぷ(2019年9月号 第150号)掲載のローズウインドウの作品例です。
上が枠・大の『秋の歌』
下が枠・小の『練習作』です。

2019年9月は、マルヤマクラス店のオープンでした。
小樽のスタッフは今まで通り「おたる本店」に出勤したり、「マルヤマクラス店」に出勤したりという生活がはじまりました。ちょっと慣れない通勤生活、覚えなければいけないこともいろいろあり、気持ちに余裕がなかった1か月でした。
ローズウインドウを前にして、まずこのようなものを作ろうと思うには、気持ちにゆとりがないと難しいと実感しました。そして、また、何とか時間を作ったら、かえって無心になって作る時間が、かなりの気分転換になるのもしみじみと実感したひとときでした。

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ54

190811-01n.JPG

夏休みも真っただ中。北海道は本州に先駆けて涼しい毎日となりました。
(暑さがまたぶり返すかとちょっと不安です。)
遅くなりましたが、つうしん第149号(2019.8)掲載のローズウインドウ作品例です。

右が、枠(小)を使った『波の音』 右が枠(大)を使った(おまけ編)『夏の星たち』です。
『波の音』は同じ色(スカイ)2枚を使った作品です。下地は「白」の指定でしたが、ほんのりと水色かかった色を使っています。
同じ色2枚、あまり難しくないパターン、でもこんなにきれい、という良い作品だと思います。色違いや、違う色でも作ってみたくなりました。
『夏の星たち』は(おまけ)とあって、カッターで切り抜く細かな部分がたくさんあって、暑さの中で作るにはちょっと...という作品。でも集中することで、うっとうしさをちょっと忘れて、気持ちがすっきりと切り替わったのも事実です。
今回も「なんだろう、このトゲみたいな部分」とか、「星たちという割には、黄色に星の部分が少ないように思うんだけど...」などと、イメージがわかないままに切り進めました。広げてみて初めてわかる模様だったんです。
例によって、ズレたりしますが、思い切って飾ってみましょう。貼っている最中は気になって仕方なくても、飾ると全体的な美しさに満足感が得られますよ。

初めて作る方はミカンちゃんのブログをご覧ください。
紙を折るところまではこちらから。
パターンを写して、仕上げるところまではこちらから。
材料はキンダーリープで販売しています。通信販売も承ります。
ローズウインドウペーパーはこちらから。
枠はこちらから。

パターンを考案しているミカンちゃんは現在愛媛県在住です。オリジナル作品となりますので、営利・非営利に関わらずグループで作品を使用される場合は、必ずご一報くださいませ。
きんだーりーぷつうしんは、毎月だいたい月初めに発行しております。キンダーリープ会員さまへは発行と同時にお送りしているほか、店頭等でも配布しております。
パターンは1部300円でも販売しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

ミカンちゃんのローズウインドウ53

190706-01n.JPG

つうしん2019年7月(第148号)掲載のローズウインドウ作品例です。
『日の光』8等分折 枠(大)です。
今月も夏らしい、切り落とすところが比較的多い、一部カッターも使う作品ですが、難しくはありません。ぜひチャレンジしてみてくださいね。
写真を撮ったのは17:30過ぎ。夏至は過ぎましたが、ずいぶん明るい時間が長くなりました。『日の光』というタイトル通り、太陽をいっぱい浴びた写真となりましたが、夕方の雰囲気が色濃い写真となりました。昼間の明るい光の中では雰囲気が変わるかもしれないなあと思っています。

» 続きはこちら

ミカンちゃんのローズウインドウ52

190613-01n.JPG
今月も遅くなってしまって申し訳ありません。
つうしん第147号(2019.6)掲載の「今月のローズウインドウ52」作成例です。
今月は枠(大)使用の『6月頃』。
タイトルだけではどんな雰囲気になるのかな~~と???の(の)でしたが、(パターンから出来上がりを想像するのはまだちょっと難しい私です。)薄い色合いなのは何となくイメージ出来ました。
また、今月は切り落とす部分が比較的大きいようにも感じました。

実際に作ってみると、残す部分の重なり具合が対称的になっているところがあったり、「ここは花びらみたいになるのかな?」と思ったところが思ったとおりだったりと、作りつつも楽しい作品でした。

(の)はまず折るのが大の苦手、扇形に折りあがった時に、先の細い部分がすでにズレているのがわかります。一番先の小さな部分がきれいな円形にならないのはそのせいです。ま、これも個性として楽しむことにいたしましょう。

ローズウインドウを始めて作られる方は、ミカンちゃんのブログ記事をご覧ください。
紙を折るところまではこちらから。
紙にパターンを写してしあげるところまではこちらから。
ローズウインドウペーパーはなかなか手に入らないという声も頂戴いたします。
キンダーリープでは通信販売も行っています。
ローズウインドウペーパーはこちらから。
ローズウインドウの枠はこちらから。

このパターンはかつて、キンダーリープの2階でカフェ・レーゲンボーゲンを担当していたミカンちゃんのオリジナル作品となります。(ミカンちゃんはただいま愛媛在住です。)
ローズウインドウに出会って、まずは作ってみたい!と思われる方むけの、基本的にはさみのみで仕上げることのできる作品を、毎月提供してくれています。非営利であっても、グループでご使用される場合は、キンダーリープまでご連絡ください。
また、このパターンが掲載されている「つうしん きんだーりーぷ」は、店頭や通信販売でお買い上げの方にさし上げているほか、キンダーリープの会員さまには発行と同時に郵送しています。
年会費は1年1200円です。会員ご入会ご希望の方もお気軽にお問い合わせくださいませ。(の)

ミカンちゃんのローズウインドウ51

190520-02n.JPG
大変遅くなりました!ミカンちゃんの今月のローズウインドウ51(つうしん第146号 2019.5)の作品例『春うらら』です。
ゴールデンウイークの合間に作成して、写真を撮って、フェイスブックにアップしたままになっており、こちらでのご案内がすっかり遅くなってしまって申し訳ありません。
(フェイスブックもご覧ください。このページの「Facebook」ボタンを押すとページが開きます。)

今回は、ゴールデンウイークの気持ちがふわふわした中で作ったので、我ながら雑さが目立ちます。よくよくみると、すごくズレているんですよね。
これは、特に最初に作ってみた人にとっては気になるポイント。ちょっとした失敗・ミスが気になってしょうがないんです。せっかく仕上げたのにしまい込みたくなる気持ちもよくわかります。
けれども、作った人以外にとってはそういう小さなミスには全く気付かず、全体の美しさ、かわいさ、ステキさに目がいきます。ですから自信をもって、堂々と、皆さんに見ていただけるような場所に飾って下さいね!

先日ご来店いただいたお客さまは「作ってみたいけど、線に添って上手に切るのは自信がない」とおっしゃっていました。ミカンちゃんが時折原稿に描いているように、フリーハンドで自由に作ってもステキな作品ができあがります。今月号にもそのアイデアが2つ掲載されていますね。「こうやらなきゃいけない」ととらわれずに、まずはハサミをもって楽しんで切って見て下さいね!(の)

ミカンちゃんのローズウインドウ50

190405-01n.JPG

こんにちは
つうしん2019年4月(第145号)掲載の、今月のローズウインドウ50の作品例です。
今月はミカンちゃんの50番目のパターンですね。
タイトルは『飛行機』ローズウインドウペーパー・枠ともに(大)で作成します。

今月のパターンはタイトル通り、モチーフがわかりやすいですね。わかりやすいモチーフはズレちゃったりするのが緊張しますが、重なり部分でズレると致命的!という部分は少なかったように思います。
レモン・オレンジ・スカイ・白・黄緑の配色が春を思わせる、また乗り物好きの男の子を彷彿とさせる作品です。ぜひ挑戦してみてください!

*こちらはミカンちゃんのオリジナル作品です。グループ等でご使用の場合は、ご面倒でもキンダーリープへご一報くださいませ。

» 続きはこちら

ミカンちゃんのローズウインドウ 番外編

190304-02n.JPG

つうしんキンダーリープ第144号(2019.3)のローズウインドウパターン作品例です。
今月はミカンちゃんの図案はお休み。代わってスタッフ(の)がデザインを起こしてみました。タイトルは春らしく『チューリップ』。
というか、オリジナルを作るのは難しいですね。イメージがなかなか具体的に浮かんでこなくて苦労しました。結局子どものころからひんぱんに「お絵かき」の中に登場していた、わかりやすい「チューリップ」に助けてもらいました。単純な図案なので、中枠サイズや小枠サイズに縮小して作り上げることもできるかと思います。
(の)は定番の真っ赤なチューリップが好きなので「レッド」を使いましたが、みなさんのお好きな色のチューリップを咲かせてみてください。黄色のチューリップが好きな方は、「レッド」を「レモン」に変えるほか、「スカイ」を「レタス」に、「レモン」を「ピンクまたはピーチ」などに変えるといいかと思います。

ローズウインドウ超初心者向け体験会を行います。
2019年4月14日(日)13:30~15:30
参加費:1500円
定員:3名 要予約
「作ってみたいけど、一人ではなかなか始められない」「作り方の写真をみても、イマイチイメージがわかない」という方向けの内容です。まずは一つ作ってみましょう。

» 続きはこちら

ミカンちゃんのローズウインドウ49

190214-01n.jpg
お待たせいたしました!つうしん第143号(2019.2)掲載のローズウインドウ作品例ができあがりました。
立春を過ぎても最高気温が‐5℃を下回る日が続く小樽です。冷え込みが厳しい分、いつもの年に比べて晴れる日が多いようにも感じます。日差しの中に「春」を感じるようになりました。
今月のローズウインドウの図案は「ひなまつりをイメージした色」とのことです。
色合いも、図案も春を思わせるひなまつりにぴったりですね!
上の写真の中の小枠の作品は、先月の「ハート」です。

初めて作る方はミカンちゃんのローズウインドウのページをご参照ください。
紙を折るところまではこちらから。
パターンを写して仕上げるところはこちらから。

ローズウインドウのパターンが掲載されている「つうしん きんだーりーぷ」は毎月初めに発行し、店頭や通信販売時に配布しているほか、キンダーリープ会員さまにはお送りしております。会員さまの年会費は1200円です。ご入会希望の方はどうぞご連絡くださいませ。
そのほかご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

» 続きはこちら

1  2  3  4  5  6  7  8  9