HOME > ブログ > ローズウインドウ講座

ローズウインドウ講座の記事一覧

ミカンちゃんのローズウインドウ49

190214-01n.jpg
お待たせいたしました!つうしん第143号(2019.2)掲載のローズウインドウ作品例ができあがりました。
立春を過ぎても最高気温が‐5℃を下回る日が続く小樽です。冷え込みが厳しい分、いつもの年に比べて晴れる日が多いようにも感じます。日差しの中に「春」を感じるようになりました。
今月のローズウインドウの図案は「ひなまつりをイメージした色」とのことです。
色合いも、図案も春を思わせるひなまつりにぴったりですね!
上の写真の中の小枠の作品は、先月の「ハート」です。

初めて作る方はミカンちゃんのローズウインドウのページをご参照ください。
紙を折るところまではこちらから。
パターンを写して仕上げるところはこちらから。

ローズウインドウのパターンが掲載されている「つうしん きんだーりーぷ」は毎月初めに発行し、店頭や通信販売時に配布しているほか、キンダーリープ会員さまにはお送りしております。会員さまの年会費は1200円です。ご入会希望の方はどうぞご連絡くださいませ。
そのほかご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ47

190124-01n.JPG
気が付けばもうすっかり、1月も下旬に差し掛かっております。
今月のつうしん(第142号)掲載のローズウインドウ47作品例です。
すっかり遅くなってしまって申し訳ありません。

バレンタインに向けたちょっとラブリーな作品に仕上がりました。
今月のポイントは、紙は8等分であること。
つうしんがお手元にある方はお分かりになるかと思いますが、やや大きめに「6等分・12等分」の折り方が掲載されています。(の)は、ついこれにつられて6等分に折り始めてしまいました。

それぞれを切り開いたら、ぜひ1枚ずつ「クリアファイル」にはさんでください。
紙がとてもきれいにぴんと伸びることと、パターンを簡単に重ねてみることができるからです。どの順番に重ねるときれいかな?といろいろ試してみるのがおススメです。
今回は、外側に大きくハートが浮かび上がるパターンですが、重ね順にあわせて、印象がちょっとずつ変わるのです。
パターンには色の順が示されていますが、お好きな順で仕上げることをおすすめします。

初めて作る方はミカンちゃんのブログもご覧ください。
紙を折るところまではこちらから。
パターンを写して仕上げるところまではこちらから。

いろんな色で作るといいだろうなあ・・・と思います。お手持ちの色でいろいろ試してくださいね。(の)

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ46

181217-01n.JPG
今月も遅くなりましたが、つうしん141号(2018.12)に掲載のローズウインドウ作成例です。<ちなみに今月号は号数と年月を記入するのを忘れてしまいました...。>
これは小枠で作る「プレゼント来た?」です。
はさみのみで作る、比較的取り組みやすいパターンです。
とってもクリスマスらしい素敵なパターンですね。
(の)はローズウインドウペーパー(小)セット<税込972円>の中から色を選びました。約240枚入ったこちらのセットはオランダ・マキュリアス社のもの。薄くてとても破れやすいのでいつもドキドキなのですが、微妙に異なる色の種類が豊富で、「赤」「緑」という指定に、ついつい自分のお気に入りの色を選んでしまいます。(ですので同じ色ばかり減ってしまいます。)その分、仕上がりも満足。
ミカンちゃんが「細くなるから気をつけて」と書いていたところは案外目立たなくて、ちょっと太めにしてもOKかも、と思ってしまいました。

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ45

181105-01n.JPG

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ45 つうしん第140号(2018.11)掲載の作品例です。毎年11月はクリスマス模様。今年はちょっとシックな『あかりを灯す』ができあがりました。

キンダーリープでは毎年10月下旬にお休みをいただいて、クリスマスの模様替えを行います。自分たちでいうのもなんですが、今年はちょっと素敵です。
おいおいこちらのブログでもご紹介できればなあ、とは思っているのですが、ぜひご来店いただいてご覧ください。

そんなこんなで、ローズウインドウも昨今稀に見るはやさで作り上げました。
「クリスマスといったら、赤とか緑じゃないの?」なんて思っておりましたが、ちょっと大人な雰囲気の作品になりました。
店内では、入り口のドアに飾っておりますが、写真は2階の窓につるしたときのもの。窓の外の蔦がきれいに色づいていましたので...。

パターンは、キンダーリープのつうしんに掲載されています。
つうしんは、店頭で無料にて配布、通信販売等のお買い物には商品と一緒にお送りしているほか、年会費1200円をお支払いいただいているキンダーリープ会員さまには、毎月発行と同時にご自宅へお送りしております。今月末からはキンダーリープ会員さま限定のセールも始まります。ご入会はいつでも承ります。まずはご連絡くださいませ。

はじめてローズウインドウを作る方は、ミカンちゃんのブログもご覧ください。
始めから紙をおるところまではこちらから。
パターンを写して仕上げるところまではこちらから。

こちらの作品はミカンちゃんのオリジナル作品です。
グループ等でこのパターンを使って楽しまれる場合は、非営利であってもご一報くださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ44

181019-01n.JPG
お待たせいたしました!今月のローズウインドウ44(2018.10)の作品例です。
最近、特に盛り上がり始めた「ハロィン」関連のかぼちゃの図柄なのに、こんなに遅くなってしまって申し訳ありません。

今月の特徴はなんといっても枚数。台紙とあわせて、1作品に6枚使います。
一つ一つの切る部分は、ミカンちゃんも描いている通り、大きく切り取るので簡単。
なので、今月のポイントは、なんといっても「重ねて貼るところ」。
(の)の苦手とするポイントです。
時間がある場合は、大きな雑誌などにしっかりはさんで、ピンと伸ばすのがいいかもしれませんね。
それから、いきなりノリを貼らずに、試しに重ねてみるのもいいと思います。

右下のピンクの花は「おまけ」のもの。
『好きな色を好きな枚数』とあったので、(の)は萩の花のような、少し紫がかったピンク(同じ色)を3枚で作ってみました。台紙の切らないものもおなじ色にしてみました。
どんな「花」が浮かび上がるか見当がつきませんでしたが、とてもシンプルで可愛い作品になったと思っています。

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ43

180919-01n.JPG
さて、今月も大変遅くなってしまいました。つうしん2019年9月号(第138号)に掲載のローズウインドウ作品例です。
「窓辺に」はすっきりとした素敵な作品ですね。曲線がやや難しく感じましたが、丁寧に切ればきれいに切れるかと思います。
「アイヌの鳥」は、パターンの中にもミカンちゃんが書き込んでおられましたが、カフェ・レーゲンボーゲンがあった時に飾られていたデザインでとても懐かしく感じました。
今月から、見本は玄関に飾ることにしました。玄関付近にある「今月のつうしんに掲載のおもちゃたち」と一緒にご覧ください。(の)

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ42

<夢の中の風車>
180811-01n.JPG

<帽子>
180811-02n.JPG

2018年8月号きんだーりーぷつうしん(第137号)掲載のローズウインドウ作品の完成例です。今月は色合いがとてもさわやかな夏らしい作品ですね。
色合いが白っぽいのは、各パーツの切り落とす部分が多いから。
「本来繋がっていなければならないところを切り落としちゃうかも!」という不安がある人は、パターンの時点で、切り落とす部分を少し小さめにするといいかもしれません。

「夢の中の風車」では新色が使用されいています。23枚セットの中には含まれていないいろですが、お手持ちの色で代用してもいいとのことですよ。
特に「帽子」の方は、リボンのいろを何色にしようかな?と考えて配色するのもいいかもしれませんね。

夏休みの宿題にローズウインドウをお考えの親子さんもたくさんご来店いただいています。お子様だけでなく、ぜひご家族みんなでワイワイと挑戦していただきたいです。

基本の作り方はミカンちゃんのブログをご覧ください。
まず、紙をおるところまではこちらから。
パターンを写して完成させるところまではこちらから。

そのほかにもローズウインドウの作品などがたくさん掲載されています。どうぞご覧ください。

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ41

180716-02n.JPG
<7月・花>

180716-03n.JPG
<あさがお>

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ41 作品例です。
キンダーリープつうしん 第136号(2018.7)をお持ちの方はどうぞご覧ください。

そろそろ夏休み。夏休みの課題は別としても、親子で過ごす時間が増えますね。
工作が大好きなら、ぜひ親子で試してみていただきたいのがローズウインドウです。
今月は2ヶパターンが掲載されています。どちらも花ですが、「7月・花」のほうが比較的切りやすいパターンです。

写真がなんだかぼやけているな~~とお思いの方もいらっしゃるでしょうね。
制作者(スタッフ わ)曰く、今月はあえて裏側を正面にした、とのことです。
ちょっとぼんやりした感じが夏の感じをかもしだしているように思いませんか?
窓をあけて、風に吹かれるままに撮影してみました。

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ40

180716-01n.JPG
キンダーリープ・ローズウインドウファンのみなさま。
大変お待たせいたしました。そして大変失礼致しました。
先月のローズウインドウ40<あめのひ>の作品例掲載がずいぶん遅くなってしまいました。こちらは きんだーりーぷつうしん第135号(2018.6)掲載のローズウインドウ作品例です。

さて、この号のパターンがお手元にある方はちょっと注意。スカイのところに訂正があります。第136号(2018.7)に、その訂正が掲載されていますが、諸事情によりお持ちでない方は、下記を参照してください。
「一番中心に近い部分の切り落とすところが、2重となっていますが、外側の線で大きく切り落とす」です。好みによって、小さく切り落としても、これはこれで素敵なデザインになることと思います。

昨年から天候が不順ですね。
今年は、関東地方が早々に梅雨明けした分、梅雨がないと言われている北海道で雨が続き、7月半ばだというのにまだ「夏」らしい天気も気温もない、ここ小樽です。
ちょっとうっとうしい天気の時は、このように涼やかなデザインを窓に飾って、気持ちだけでも快適に過ごしましょう。

はじめて作られる方は、ミカンちゃんのブログをご覧ください。
紙の折り方はこちらから。
紙の12等分・6等分の折り方はこちらから。
紙にパターンを写すところからはこちらから。

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ39

180509-02n.jpg

今月もお知らせが遅くなってしまって申し訳ありません。ローズウインドウ39の作品例です。
今月はなんと!ミカンちゃんの製作例。とってもきれいです。

図案が届いて、なるほど!と思ったのは左の「VIVO」。知る人ぞ知る?相沢康夫さんの考案した積み木「VIVO」がモチーフになっています。
そう、ただいま小樽では相沢康夫さんの「創作玩具展SKB」が開催されています。
会場は市立小樽文学館。昨年2017年9月に有馬玩具博物館から始まって、ちょうど今が折り返しの地点なんだとか。(5月27日まで開催中。お休みがあります。ご注意ください)
ミカンちゃんのローズウインドウファンの皆様の地域では、すでに開催されたかもしれませんね。
VIVOとともに、近々ご紹介しますね。(ちなみにVIVOはおまけ編。細かいですよ)

右は『見つけた』。葉の2枚は「ずらして」貼るのがポイントとのことです。いや~きっちり合わせたくても合わせられない(の)におすすめではないですか!!
葉は同じものを2枚切る、との指示が出ています。1枚は濃いめ、1枚は薄めを選ぶと影っぽくなるのかもしれませんね。

ゴールデンウィーク終わってそろそろ何かと落ち着いてくる頃かと思います。ゆっくりゆったり紙に向かい合って作品を作ってくださいね。(の)

はじめてローズウインドウを作られる方はミカンちゃんのブログをご覧ください。
紙の折り方はこちらから。
紙にパターンを写すところからはこちらから。

1  2  3  4  5  6  7  8