HOME > ブログ > , > ローズウインドウ講習会

ローズウインドウ講習会

130610-01n.jpg
初夏の日差しが気持ちの良い季節になりました。
より深く、ひざしや色や光を感じられる窓の飾り「ローズウインドウ」講習会のご案内です。
初心者向けなので、親子でご参加いただけます。もちろん大人だけのご参加も大歓迎です。

2013年6月30日(日)
①11:00~13:00 ②14:00~16:00
どちらも同じ内容です。定員各回4名。ご予約の方優先。
対象:小学生以上(小・中学生は保護者同伴でお願いします。)
参加費:1,800円(1ドリンク付 材料費込み)

大きい枠(上の写真)1つ、または小さい枠(この写真)2つからお選びいただけます。
130610-02n.jpg

ローズウインドウとは、「薔薇窓」のこと。
ヨーロッパの教会などでよくみられるステンドグラスの窓飾りを、薄い紙の切り絵を重ねて再現します。
使う紙は、「お花紙」や「半紙」のように薄い、色とりどりの紙。何回か折って、重ねたまま模様を切り、同心円状のパターンを作ります。
何枚も重ねると、素敵な絵柄が現れます。
光を透かさない、ただ重ねたときの状態はこんな感じ。
130610-03n.jpg

ローズウインドウの美しいのは、光を透かした時に現れます。薄い紙は光を透し、重なることによって色に深みが生まれます。
ローズウインドウは1年を通して、窓に美しさをもたらしますが、日差しがまぶしいほどに美しい今の季節が一番ぴったりなのではないかしら、と個人的に思います。
光に透かすと、この記事の一番上の写真のようになります。紙だけで出来上がっているのに、なぜか光り輝いて見えるのが不思議です。ぜひ窓などに飾っていただきたい作品です。(の)

« »