HOME > ブログ > > スティッキー

スティッキー

050913-01y.jpg
赤・青・黄の3色、3種類の太さのスティックがリングの中でバランスよく立っています。色サイコロを振って、出た色のスティックをそろーりと抜きましょう。どのスティックが抜きやすいかよく観察してゆっくり抜かないとスティックの束が倒れてしまいますよ。順番に抜いていって束が崩れたらゲーム終了。崩した人は0点で、それ以外の人は自分が抜いたスティックの得点を計算します。青が3点、赤が2点、黄色が1点。青のスティックは太いので、抜くときに束が崩れてしまうリスクが高い分、得点が高いのです。得点が高い人が勝ちです。小さいお子様がするときは、得点は関係なく"倒した人が負け"という簡単ルールでしてみてください。ドキドキ、ハラハラのゲームです。ぜひお子様からおじいちゃん・おばあちゃんまで、ご家族で楽しんでくださいね。

■商品名:スティッキー
■セット内容:赤、青、黄のスティック(長さ15cm)各9本、リング1ヶ、色サイコロ1ヶ  (すべて木製)
■年齢:4才くらいから
■人数:2人から
■補充用パーツ:サイコロ1ヶ 330円、スティック1本 110円、リング1ヶ 550円
  (補充用パーツのお取り寄せには時間がかかることがございます。)
■価格:3,300円

作戦を考えたり、どうやって勝つかを考えるというよりは、指先に神経を集中させてそーっとスティックを抜くというシンプルなゲームです。子どもたちとこのゲームをしているととても愉快な光景をよく目にします。誰かがスティックを抜くとき、周りのみんなが(もちろん抜く本人も!)息を止めながら、大きい目で、体を固まらせてスティックの束を見守っているんです。じぃーっと。その子がスティックを抜いたとたん、みんながほっとため息をひとつ。そしてまた次の子が・・・・・。勝ち負けを決めるゲームというよりは、このドキドキ感をみんなで共有し楽しんでいるのだと感じます。もちろん勝ち負けはゲームの楽しい要素ですが、みんなでひとつのものに集中し、同じ感情を共有できるということも大切な要素だと思います。

« »