HOME > ブログ > > ミカンちゃんの今月のローズウインドウ62

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ62

200408-01n.JPG

つうしん『キンダーリープ』第157号(2020.4)掲載のローズウインドウ作品例です。
今月は10等分折りの『サクラサク』。枠大の大きさです。
今月も「チェリー」の代わりに「ピンク」を使いましたので、ピンク色が薄めです。

10等分の折り方、ちょっと難しいですよね。わかりにくいかたは続きの写真をご参考になさってください。

初めて作る方は、ミカンちゃんのブログをご参考にしてください。
・紙をおるところまではこちらから。(今月は「10等分折りですから、折り方がやや異なります。)
・パターンをうつして仕上げるところまではこちらから。

材料はキンダーリープでも販売しております。
ローズウインドウペーパーはこちらから。
ローズウインドウの枠についてはこちらから。
パターンの掲載されたつうしんは、店頭等で配布しているほか、年会費をお支払いいただいている会員さまへは発行と同時にお送りしております。詳しくはお問い合わせくださいませ。
なお、パターンはすべてミカンちゃんのオリジナル作品となっております。グループ等でご使用の場合は、非営利でもご一報くださいませ。

いただいたメールにはお返事を差し上げております。お返事が届かない場合は、メールが迷惑フォルダ等に振り分けられている恐れもございます。どうぞそちらもご確認くださいませ。

<ではいよいよ10等分折りの折り方>
お手元につうしんがある方は、一緒にご覧くださいね。
10等分折りの折り方⑤はこんな感じ。パターンにある角度表にあわせてまず折ります。
200408-02n.JPG

更に⑥。(の)は裏返しにせず、そのまま折ってしまいました。(今気がつきました。)
200408-03n.JPG

⑦なので、ここで裏返してさらに折る。
200408-04n.JPG

確かに10等分おりはなんだかかわいい作品に仕上がりますね!

ちなみに、今回使った「マリン」。濃い青というか青紫というか、とにかく濃いので、鉛筆の色が透けません。(の)はかつて、これで失敗したことがあって(見切り発車で適当に折ったら、最後にほかのパターンとサイズが合わなくて、作り直しをすることに)苦手な色なのです。
今回は、最初の丸く枠取りもせず、パターンは白い紙に写して、その紙ごと切る作戦。
200408-05n.JPG
まずは、パターンを白い紙に写します。メモ帳を使ったので大きさが足らず、扇形の両端が切れてしまいましたが、まあよしとしました。パターン通りの扇形に切り抜いておきます。
紙「マリン」は四角いまま半分に折り、その中心を折り目をつけ、他のものと同じように10等分おりにします。そして、扇形にあわせてパターンを乗せ、その白い紙ごと切り抜きます。ここで、パターンの端にそって、余分なところも切り落としてしまいます。
切り抜き終わったら、のりしろのところに「③」の印を入れるのを忘れないようにして、切り抜き終了。(貼り合わせる時の目印になるので、印を入れるのは大切です。)

完成してから、ちょっとマリンの色が濃いかなあ?ほかの色(スカイやレタス)でも素敵かもね!って思いました。
みなさんもぜひ挑戦してみて下さいね!(の)

« »