HOME > ブログ > > ミカンちゃんのローズウインドウ50

ミカンちゃんのローズウインドウ50

190405-01n.JPG

こんにちは
つうしん2019年4月(第145号)掲載の、今月のローズウインドウ50の作品例です。
今月はミカンちゃんの50番目のパターンですね。
タイトルは『飛行機』ローズウインドウペーパー・枠ともに(大)で作成します。

今月のパターンはタイトル通り、モチーフがわかりやすいですね。わかりやすいモチーフはズレちゃったりするのが緊張しますが、重なり部分でズレると致命的!という部分は少なかったように思います。
レモン・オレンジ・スカイ・白・黄緑の配色が春を思わせる、また乗り物好きの男の子を彷彿とさせる作品です。ぜひ挑戦してみてください!

*こちらはミカンちゃんのオリジナル作品です。グループ等でご使用の場合は、ご面倒でもキンダーリープへご一報くださいませ。

今月のポイントとしては、カッターナイフの部分がちょこっとだけ出てくるというところ。パターンには『カッターまたは頑張ってはさみで切ります』とありますが、少なくとも三角の部分はカッターの方がいいみたい。カッターの刃をなるべく垂直に立てて、すべらすのではなく、押し付けるようにするといいですよ。「三角に切ったのに、紙が切り取らさらない」時は、決して引っ張ってはいけません。反対回りにカッターでもう一度同じように、押し付けて切ってみましょう。引っ張ると、屑が残るだけでなく、残念な場合はぴりぴりと破れてしまいます。
同じくカッターの、台形みたいな形の方は、のりしろ部分からカッターナイフを入れて、ハサミで切り取る、という方法もあります。

切る順番は、「カッターナイフの部分」→「切り取る部分が小さいところ」→「切り取る部分が大きいところ」です。あるいは「わ」の部分は後回しの方が切りやすいかも。
特にスカイは中心部分に小さく切り取るところが複数ありますので、忘れないうちにはじめに切っちゃう、というのもおすすめです。
また、のりしろ部分の際で切る場合は、のりしろ部分に少し(2~3ミリ)はみ出して切る方が、仕上がりがきれいになると思います。(下で紹介する「ローズウインドウの作り方」(ミカンちゃんのブログ)でも<9>のところで紹介されています。)
くれぐれも、のりしろ部分を全部切り落としてしまってはダメですよ。

この「ローズウインドウ」のパターンが掲載されている「つうしん きんだーりーぷ」は店頭で無料配布中のほか、キンダーリープ会員さまへはご自宅へお送りしております。4月号は発送が少し遅くなり、今朝出荷いたしました。今しばらくお待ちくださいませ。
年会費は1200円、年中とおして会員ご入会の受付をしております。まずはご連絡くださいませ。また、バックナンバーは一部300円にて販売しております。

ローズウインドウを始めて作られる方は、ミカンちゃんのブログサイトをご覧ください。
紙をおるところまではこちらから。
パターンを写して仕上げるところまではこちらから。
残念ながら、ミカンちゃんのカフェ「レーゲンボーゲン」はすでに営業を終了しております。

材料(ローズウインドウペーパー・ローズウインドウ用枠)は通信販売も承ります。詳しくはこちらをご覧ください。
ローズウインドウペーパーはこちらから。
ローズウインドウ用枠はこちらから。

ご質問等ございましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

« »