HOME > ブログ > > キンダーリープ バスは・・・

キンダーリープ バスは・・・

130307-01n.jpg
ここ1週間ほど見かけないといわれるキンダーリープ・バスがこんなことに!!
いえいえこれは模型です。
本体は、本格的な冬ごもり(電気系統の修理など)を経て、再び小樽に戻ってきています。

2代目キンダーリープバスを、泣く子も黙るほど素敵にしてくれたのは、札幌市立大学デザイン学部の学生グループ「おへそ」のみなさん。
(「ぐずって泣いているお子さんが、このバスを見ると泣き止むんです」と教えてくださったのは倶知安町のTさん。メールでお返事をしましたが届かないようなのでこの場で、バスの報告をさせていただきます・・・。)

バスペイントプロジェクトのリーダーを務めてくださったNさんが、卒論でも触れてくださったとのことでしたので、スタッフのみんなで卒論展に行きました。
130307-02n.jpg
卒論では「移動販売」という販売形態や「おもちゃという商品」の持つ特性を絡めて、対面で商品をお客さまの手へとお届けする大切さが述べられており、感慨深く拝見する私たちでした。(なんとなく自分達の活動が客観的に認められたような気がして嬉しい(の)なのです。)
その存在意義を充分に発揮できるようなデザインを、と智恵を絞っていただきました。

130307-03n.jpg
一番右が指導の先生。右から2番目がNさん。
クライアント(私たちのことです!)の意見を反映させつつ、学生さんたち(1年生を含む7~8人)の意見をまとめていくのがとても大変だったとのこと。おかげで素敵なバスに仕上がりました。本当にお疲れさまでした!

130307-04n.jpg
デザイン学部・デザイン研究科の卒業修了研究展というだけあって、本当に見ごたえのある展示会です。
これは「からくり仕掛け」のアート作品。実際に触ってまわすことの出来るのが嬉しい。
アナログのものから、デジタルのものまで、また論文形式から視覚的なものまで幅広く100点ほどが展示されています。

札幌市立大学芸術の森キャンパス(札幌市南区芸術の森1丁目)で、3月19日(火)まで開催されています。入場無料。10:00~17:00(入場は16:30まで。最終日は13:00まで。)12日は入試のため、入場不可だそうです。普段お目にかかれない、ちょっと不思議な展示会です。足を運んでみてはいかがでしょうか?(の)

あ、バスの本体はもちろん大学内には展示されていません。そろそろ雪解け時期を迎えてバリバリと旅に出る予定です。訪問地の予定はこのサイト内の「キンダーリープ号」ページ・スケジュールカレンダーをご参照くださいね!
「うちにも来てください!」というリクエストがございましたら、お問い合わせフォームからご連絡をおまちしております!!

« »