HOME > お勧め商品 > まわるランタン

ヴァルタークラウル1

ヴァルタークラウル1

  • ■商品名:まわるランタン
  • ■サイズ:出来上がり(直径11.5×高さ35.5㎝)

簡単な組立て式

ランタンの中でキャンドル(ティライトキャンドル)を灯すと、その熱を受けてまわりのシェードが回ります。その仕組みは上部に取り付けられているプロペラ。もちろんまわりのシェードと一体化しています。
写真ではわかりづらいのですが、シェードは和紙風になっていて、ほのかにうつるろうそくの灯りが幻想的です。

この形態のあかりのことを「盆提灯」と呼んだり「回り灯篭」と呼んだりします。
正式の「回り灯篭」とはこの周りが、さらに四角の白い枠(膜のようなもの)で囲まれていて、丸いシェードに貼られた模様がまわりの四角い幕に写る、というもののようです。

こちらのシェードにも、例えばトランスパレントのような光を透かす紙で模様を作って貼り付けて、オリジナルに仕上げるのもオススメです。
130603-02n.jpg
こちらの紙は「トランスパレント・レインボー(22.5×32㎝)10枚672円」。光を通すタイプでありながら、厚手の紙でしっかりしているので、いっそのことシェード自体を交換しても素敵です。
左の例のように、いろんな形を切り抜いて貼ると一層幻想的ですよ。(ちなみに左の作品はらんたん用に作ったものではありません。また、枠は別売りです。)

6月21日(金)は、一年のうちで一番夜の時間が短い「夏至」。各地でキャンドルナイトイベントも行なわれます。ご自宅で簡単にキャンドルナイトを楽しんで見ませんか?
また、これからのキャンプや屋外でのバーベキューなどのときにも素敵な演出として活躍します。(の)