HOME > お勧め商品 > ハリガリ・ジュニア

ベルをチンと鳴らすのが嬉しい

ベルをチンと鳴らすのが嬉しい

  • ■商品名:ハリガリ・ジュニア
  • ■サイズ:カード・5.6×8.7㎝ 
  • ■価格:3,080円

写真奥は旧タイプ

同じ顔のピエロがそろったら、テーブル中央のベルをチン!と鳴らします。
実力勝負の早い者勝ちのゲーム
数字や記号などではないので、小さなお子さんにも遊びやすいです。

<こんなゲームです。>
カードはみんなに、同じ枚数ずつになるように配ります。配られたカードは見てはいけません。よく混ぜて、自分の前に積んでおきます。
ベルは、テーブルの中央におきます。

130309-02n.jpg
順番がきたら1枚、自分のカードの山からとって、表に向けてその前におきます。同時にめくるのではなく、順番に1人ずつめくっていきます。
カードをめくる時に、手前の方を持つと自分だけが先に見えてしまいますから、ベルに近いほうをつまんで、くるっとひっくり返すといいですよ。

130309-03n.jpg
表になって見えているカードで、色も表情も全く一緒のピエロがあったら、

130309-04n.jpg
気が付いた人がベルをチン!と鳴らします。
ベルを早く鳴らせた人がカードがもらえます。もらったカードは混ぜて自分の山の下に入れます。
誰かのカードがなくなったときに、たくさん持っていた人が勝ちです。

130309-05n.jpg
でも、ときどき帽子をなくして悲しい顔のピエロもいますよ。同じ色だからと油断しないでね。

1周しても同じ顔が重ならない場合は、自分のカードの山の上に重ねます。
なので、基本的に見えているカードは人数分のみとなります。そして、重ねられて下になったカードの色・表情はもう関係なしになります。あくまでも見えているカードで、同じ顔を探しましょう。

早い者勝ちのゲームなので、兄弟でしたら上のお子さんが、同じメンバーでしたらいつも同じ子が勝つ、ということも起こります。
負ける悔しさから「○○ちゃんがいるならしない」ということも起こるかもしれませんね。誰もが平等に勝てるように、という大人心もありますが、「負ける」という体験も必要なもの。「いつかは勝ちたい」という努力や、「わたしはこのゲームは苦手」という自分自身を知るきっかけになるかもしれません。
でも、負け続けるのも辛いので、運のゲームや記憶ゲームなどいろいろなタイプのゲームをそろえておかれることをオススメします。(の)