HOME > ブログ > ローズウインドウ講座

ローズウインドウ講座の記事一覧

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ19

160707-01n.JPG
今月もまたご案内が遅れてしまいました。申し訳ありません。
つうしん第112号に掲載されている「ミカンちゃんの今月のローズウインドウ19」完成例の写真です。
ちょうどいま時期にぴったりの、作るのも元気が出る『ヒマワリ』の図案です。

ミカンちゃんは6月下旬から京都のオパールにて働いておられます。
京都と小樽とでは随分気温が違うのですが、元気に働いているかな?
お仕事、一人暮らしがお忙しそうでブログまでは難しそうですが、ツイッターではオパールの様子をつぶやいておられますよ。こちらもご覧くださいね。
つうしんでのパターン公開はこれからも続きます。お楽しみに!!

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ18

160617-01n.JPG

ローズウインドウファンのみなさま!
大変お待たせ致しました。つうしん第111号のローズウインドウ作品例です。
今月は、よく似ているけど違う2つの作品が掲載されています。
右が「星の花A」 左が「星の花B」です。
よく似ているけど違う原因は、黄色の星の切り出し方。
Aは黄色(レモン)を星のカタチに切り抜いています。
Bは黄色(レモン)はそのままですが、ピンク(ローズ)と青(スカイ)を星のカタチに切り抜くことによって輪郭線を出す方法。
この二つの方法は基本ですが、自分でパターンを作る時に大切な考え方になりますよ。まずは作って確かめて下さいね。
いつもの通り、詳しい内容はミカンちゃんのブログ、こちらをご覧ください。

» 続きはこちら

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ17

160501-01n.JPG
お待たせしました。つうしん・きんだーりーぷ第110号(2016.5)に掲載のローズウインドウ・パターン『新緑の頃』の作品例です。
こちらは、「ずらした」パターンです。慣れてきた方にはイメージがつくでしょうか?

ミカンちゃんのパターンは、「ローズウインドウ、はじめてみたいけどできるかな?」「細かな作業は苦手なんだけどやってみたいな」と思われる方におススメの「初心者用パターン」です。
・基本的にハサミのみで切れる。(カッターナイフは使わなくてOK)
・あまり複雑ではない。
・出来上がりがきれい。
今月のパターンは特に直線のみですので、カーブを切るのが苦手な人にも安心してできますよ。細かいな、難しいなと思ったときは切り落とす部分を心もち少なくするとうまくできます。
失敗してしまったら「新しい紙を用意してやり直してみる」くらいの覚悟をもって取り組んでみましょう。ローズウインドウは紙なので、材料がまるまる無駄、になることもないですよ。指定の色がなかったり、自分好みでないときは別の色合いも試してみましょう。私だけの1作品、としてお楽しみくださいね!
作者、ミカンちゃんによる詳しい解説はこちらのレーゲーンボーゲン・ローズウインドウのブログから。
初めて作る方は折り方のページからご覧ください。
今月のパターンについての解説はゴールデンウィーク明けになるかもしれない、とのことです。

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ16

160404-01n.JPG
お待たせ致しました。今月のローズウインドウ完成例です。
真ん中の黄色っぽいものが
「花ひらく」そのまま貼る
左奥のピンクっぽいものが
「花ひらく」ずらして貼る
そして、右手前、青っぽいものが、おまけのパターン
「雪解け」です。

今月は「枠小(内径14.5㎝ 1組216円)」の大きさの作品ばかりです。
小さな作品は一つでも、そしてこんな風にいくつか並べてもかわいいですね!

ミカンちゃん本人による詳しい作り方・注意点はこちらから。
そして、商品のお求めはこちらのページをご参照ください。

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ15

160303-02n.JPG

お待たせ致しました、つうしんきんだーりーぷ第108号(2016.3)に掲載のローズウインドウ作品完成例はこちらです。
この冬の雪の少なさを解消するかのように、雪が続く小樽ですが、気持ちはすっかり春ですね。今月のパターンの名前も『春うらら』。パステル調がよく似合います。
作業をしている中で春を感じる、そんなひとときが過ごせそうです。

ミカンちゃんの解説が細かく掲載されているこちらのページもお見逃しなく!

ミカンちゃんの今月のローズウインドウ14

160208-01n.JPG
2月はいつもよりも日数が少ないのに、今月もご紹介がぐっと遅くなってしまいました。首を長くしてお待ちいただいているローズウインドウファンのみなさま、大変申し訳ございません!きんだーりーぷ・つうしん第107号(2016.2)に掲載のローズウインドウパターンです。
そして!
厳密に言うと、こちらは今月号掲載の完成例ではないんですよね。真ん中の小さいものは先月号のものになります。重ね重ねごめんなさい。
即興切り『花A』の写真はありません。でも、とても簡単な図案なのでぜひご自身でチャレンジしてみて下さいね!どんなふうになるのかな?と想像しながら作るのも楽しいですよ!

» 続きはこちら

ミカンちゃんのローズウインドウ講座13

160102-02n.JPG
大変お待たせ致しました。
つうしん きんだーりーぷ第106号(2016.1月号)掲載のローズウインドウ作品例です。
今月は雪の結晶。
近来まれに見るほどの雪の少ない年末年始でしたね。沢山ふればうんざりするものの、部屋の中から舞い踊る雪を見るのは楽しいものです。
雪は、水の分子構造から必ず6角形が基本のカタチとなるようです。そして、世界に二つとない結晶は、時にはため息がでるほど美しいものもありますね。
基本は6角形。それさえ押さえれば、もしかすると、いつかどこかで現れた雪の結晶の再現となっているかもしれません。
外が白で1色になるこの季節だからこそ楽しめるローズウインドウをぜひお楽しみください。
詳しい作り方はこちらからどうぞ。
パターンの掲載されている「つうしん第106号」は、店内で無料配布しているほか、年会費1200円をお支払いいただいている会員さまには発行と同時にご自宅へお送りしております。ご興味のある方はお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
また、パターンの著作権はカフェ・レーゲンボーゲン ミカンさんにあります。教室等でのご利用はご遠慮くださいませ。(の)

ミカンちゃんのローズウインドウ講座12

151209-01n.JPG
ローズウインドウはやはり、昼間、日が差す中の方がきれいですね。

お待たせ致しました。ミカンちゃんのローズウインドウ講座12の完成例のご案内です。
お店の中も街中もまだまだクリスマス一色。一足早いお正月柄です。
クリスマスからお正月まではあっという間ですものね。
比較的時間にゆとりがある時にゆったりとした気分で作りたいものです。

もっと詳しい解説はミカンちゃんのローズウインドウのページをご覧ください。今月の作品については(こちらから)。

ミカンちゃんのローズウインドウ講座11

151111-01n.JPG

大変お待たせいたしました!!
つうしん第104号(2015.11)掲載のローズウインドウの作品例です。
クリスマスの絵柄で、かわいいですね!
「はやく作品例がみたいなあ」と思っていた方、申し訳ありませんでした!
キンダーリープへお越しの方は、ぜひ2階のカフェ・レーゲンボーゲンの窓をご覧くださいね!お天気のいい日だと、ちょうどこんな感じです。(の)

» 続きはこちら

ミカンちゃんのローズウインドウ講座10

151007-01n.JPG
お待たせいたしました!
今月のローズウインドウ完成作品例です。

今月は大きな作品ですね。内径23㎝ですので作りがいもありますし、飾っても存在感があること間違いなし!です。
今回は、以前の担当こんちゃんがいつも言っていた「色の足し算」デザインですから、特に後ろから光が通るところでその美しさをさらに発揮します。
窓のハロウィン飾りコーナーの、ぜひ中央に飾っていただきたい一品です。
いつものように、詳しい作り方はこちらから。

» 続きはこちら

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8