HOME > ブログ > > 岩手県子どもの森

岩手県子どもの森

140531-01t.jpg
ここは本格的なチルドレンズミュージアムでした。これだけ素晴らしい施設が無料で解放されている。日本では珍しい本格的なスヌーズレンまで備えていて、単なるハコモノではない有機体としてのオモシロさ。

実は、10年前にキンダーリープがぱふ小樽店という名前でスタートした時に、プランイメージとして云われていたのがチルドレンズミュージアムやハンズオン形式というコトバでした。本場アメリカはボストンまでは見学に行く余裕はなかったけれど、国内第一号の兵庫県は丹波篠山には、実家から近いこともあって見に行ったのを思い出します。

「おもちゃを売るというよりは体験を売る」みたいな今の路線は、もしかしたらその時から決まっていたのかもしれないけれど、やりたかったひとつの完成形がここ岩手に、とんでもない規模とレベルで存在していた、知らなかった~という感じでした。

行政がハコモノを作る時に起こるモンダイを、ここは見事にクリアしている秘密はなんだったのかを知りたくて、スタッフさんに根堀葉堀聞いちゃいました。

140531-02t.jpg

140531-03t.jpg

140531-04t.jpg

やはり予想通り、立ち上がりの時に行政サイドとの激しいぶつかり合いがあったと聞いて、納得。
最後は駐車場のキンダーリープ号のところまで、スタッフの皆さんが出てきて遊んでくれました。「あそびにコンビニ」という名前の、遊びの出張もあちこちに出動されているそうで、今度キンダーリープ号とジョイントしましょうと言って、サヨナラしました。

« »